貸事務所で初期費用を抑える【ステキ物件情報局】

先進的なオフィススタイル

オフィス

バーチャルオフィスとは、起業家などに対して郵便物の受け取りや登記などに必要な住所を貸し出すサービスです。利用者側にしてみれば実際に不動産を借りるわけではないので、東京のような物価水準の高い地域でも極めて低廉なコストで名目上の事業所所在地が手に入ります。

ビジネスに適している

会社

港区の賃貸オフィスはいずれもアクセスが抜群に良く、従業員や来客にとって都合が良いです。また、飲食店などの周辺環境に恵まれている賃貸オフィスが多く、そのような環境を利用すれば、ビジネスの幅が広がります。

オフィスに適した物件探し

スタッフ

大阪市内で貸事務所を探すときには、業種別に人通りの多い地域の物件を選んだり、家賃の割安なマンションタイプの物件を選ぶのがポイントです。最近では入居しやすい物件が増加傾向であり、特に初期費用が割安な物件やフリーレントのある物件が大人気です。

初めての物件探し

ビル

物件の選び方

都心の貸事務所の需要は着実に増加しつつあり、特に渋谷区の物件を選ぶ企業が多いです。初めて渋谷区内で物件を探すときには、地元の不動産業者の貸事務所の物件情報を活用するのがポイントです。デザイナーズタイプの賃貸オフィスも多く、30坪以内の小規模な物件を探すことも容易です。会社を設立して初めて事務所を構えるときには、駅からやや離れた地域で、賃料が割安な物件を選ぶべきでしょう。駅から少し離れた地域は渋谷区の中でも特に閑静なエリアとして人気があり、落ち着いた雰囲気を求める企業経営者に最適です。またIT系企業が初めて貸事務所を探す場合には、情報インフラが完備している物件を選ぶべきであり、大地震の時でも電力や水道などのライフラインの確保が可能な物件が理想的です。

これからの都心の賃貸需要

大企業だけではなくて中小企業も、渋谷区内で貸事務所を探すのがトレンドです。今後もそのような流れが続くので、新たな賃貸オフィスの供給が必要です。新築物件を求めるニーズも強いので、渋谷区の中心部でオフィスビルを建設する業者も増加するでしょう。しかしビルの建設によるオフィスの供給量は限られているので、既存の建物を最大限に活用することも重要です。これからは古い建物のリノベーションを積極的に行う地元のビルの所有者も増えるでしょう。築年数が古いビルのリニューアルで賃料を引き上げることができるので、ビルオーナーのメリットも大きいです。マンションの改造で賃貸オフィスを供給することもできるので、将来的には物件が安定的に提供されるでしょう。